無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2011年10月

2011年10月26日 (水)

「玄牝」上映会

愛知県にある吉村医院には、自然なお産をしたいという妊婦さん達が全国から集まってきます。

その医院を記録したドキュメンタリー映画、「玄牝(げんぴん)」を大空町で観てきました。

医院の裏にある古民家「古屋」で、薪割りや壁・床磨きをして体力づくりに励む妊婦さん達の生き生きとした姿。

それを見守り、叱咤激励する先生の暖かいまなざし。

また、自然分娩に臨みながらも帝王切開になった人、赤ちゃんの心音が止まってしまった人…それぞれの体験を語る女性達。

いのちを生み出す事がいかに死ととなり合わせかという事や、
「いのちの前ではまったくの無力」と言う先生の葛藤や矛盾、きれいごとばかりではない吉村医院の姿までもが写し出されます。

そんな中、また新しいいのちが生まれてくる…。
喜びにつつまれる瞬間に、自然と涙があふれて止まりませんでした。

映画の後は、吉村先生ご本人が登場。
以前網走を訪れた際に、鮭の遡上(そじょう)をご覧になったそうで、産卵の為にいのちをかけて川をさかのぼる姿に感動し、涙を流されたそうです。
講演のスライドの中に、鮭の必死の形相をとらえたものがありました。

「これこそがいのちの原点ですよ…」とつぶやき、写真をじっと見つめる姿は、
「いのちをつないでいく事」に心を奪われ、人生を賭けている事を物語っていました。


来月12日(土)は、富良野で上映予定、元・吉村医院婦長さんの講演もあります。

たくさんの人にぜひ見て欲しい映画です。
私もまた2度・3度と観たい…!

2011年10月18日 (火)

鍼灸みろく堂

鍼灸みろく堂
札幌での全国大会が終わった後、以前一緒に病院で働いていた、原田さんの治療院に行ってきました。

地下鉄円山駅にあるショッピングモール「マルヤマクラス」3階、「鍼灸みろく堂」です。

淡い色の壁に茶系の家具や柱が素敵な、落ち着ける空間。

3年ぶりに会いましたが、変わらず元気な姿を見せてくれました。

ここでの鍼治療とセットになっているのが、炭酸ガスが溶け込んだお湯のフットバス。
私も試させてもらいました。
ぬるめのお湯ですが、炭酸ガスの効果で足がじんわり温まり、ついウトウト…。気がつけば全身ポカポカになり、足のむくみもスッキリ。

冷えから体の不調をきたす人が多い現代に、このフットバスは効果的。
この後に鍼治療をしたら、きっと爆睡してしまうでしょう…。

ショッピングモールの一角に癒しの場を作った、原田さんの活躍を嬉しく思い、治療院を後にしました。

2011年10月13日 (木)

日本鍼灸師会全国大会

日・月曜の連休は、札幌で開催された日本鍼灸師会の全国大会に行ってきました。

今回は地元開催だったため、会場のあちこちで、北海道の各支部の先生方がスタッフとして活躍されていました。

私自身は、今回お手伝いはなかったので、発表や講演などを十分に聞く事が出来まして…
★片頭痛の鍼灸治療の最新研究

★小林昭二先生の積聚(しゃくじゅ)治療の実技

★病院と連携して治療を行っている鍼灸接骨院の実例

★鍼灸師の介護予防への関わり方

…などなど、盛りだくさんの内容を勉強して参りました!

懇親会の席では、東京からいらした先生から、「こんなに北海道の大会が盛り上がるとは思っていなかったですよ」と嬉しい言葉もいただきました。

夜は杏園堂の院長や北広島・札幌の先生方と「これからの夢・野望」について語りあい…
たくさんの刺激を受けて帰ってきたのでした。

« 2011年9月 | トップページ | 2012年11月 »