無料ブログはココログ

プハン治療について

2009年10月 2日 (金)

プハンってどんなもの?

プハンってどんなもの?
プハンとは、韓国語でカッピング、いわゆる吸玉療法の事です。

プラスチック製のカップを、肩や背中のつらい部分に当てて、付属のポンプで中の空気を抜くと…

お肉が盛り上がってきます!

これが痛くなく、とっても気持ちが良いのです。

少しおいてカップを外すと、プハンの痕が赤く残ります。

この赤みを修復するために、体の自然治癒力が活性化し、ガンコなコリを和らげてくれるのです。
皮膚の赤みは、個人差もありますが、3日から2週間程度でおさまります。

治療時間は20〜30分程度。
気軽に受けられるプハン治療を、あなたも試してみませんか?

プハン治療…¥1500